○○の日だけで平均年収超えた話

このタイトルを見て
皆さんは何を思うでしょうか。

今回は僕の体験談を書いていきます。

ホールのイベントの日にも
いろんな種類委がありますよね。

語呂合わせの日やグランドオープンの日など…

タイトルにもあるように〇〇の日で
平均年収を超えることができます。

イベントの日でも狙い目な
キャラクターの誕生日です。

僕が平均年収を超えたのもそのイベントでした。

とあるキャラクターの誕生日
その機種全台全六としり
その台分の人数を集め埋めました。

この話はもちろん
個人でなせることではありません。

きちんと機種について理解し
確実に打てる人を集めましょう。

そしてホールの抽選方法も
ポイントとなりますが
そこは並び順でした。

その日は一緒に稼働する人にも
平均的な並び開始時間よりも
早く集まってもらいました。

なぜそこまでするのか

勝つため稼ぐためです。

もちろん打ち子を使うには
その人たちの給料も関係してきますから
その分も捲らないといけないわけです。

そうするために、だれも来ていないだろう
時間から並ぶ必要があったのです。

そこまでするまでのホールなのか

それはそのホールの情報力が高く
イベント系でガセを流したことがないからです。

なので僕はその日簡単な判別しかしていません。

それでもそのホール情報が確実だったから
平均年収を一日で稼ぐことができたのです。

いかに信用できるホールを見つけるかが
鍵となります。

ですが打ち子を雇うには
ある程度の資金が必要となるので
狙う際には注意しましょう。

打ち子の給料だけに限らず
人数分の投資も十分に用意しておく必要があります。

全6だからと言っても
少ない投資で収まるとは限りません。

狙っている日があるのであれば
常日頃の稼働で資金を貯めておきましょう。

ちなみに僕はその日
10人の打ち子を雇い
資金はおよそ30万ほど用意していきました。

なぜなら例え6でも
負ける可能性もなくはないからです。

そのあたりのことも予測し
入念に準備をしておくことが重要です。

油断して準備を怠り負けて
打ち子の給料が払えないでは
話になりません。

雇った以上は給料を払わないといけませんからね。

そしてきちんと打てる人なのか
通常営業の日でもいいので確認しておきましょう。

打てない人を雇い稼働しても
欠損が出てしまいます。

それでは何の意味もありません。

大当たりを察知でき
なおかつ小役を取りこぼさない
ビタ押しが必要な台なら
ビタ押しができる人

台のモードなど判別がきちんと
できる人を雇いましょう。

それらの条件を満たしている人を
集めることができて初めて
平均年収を超える稼働をすることができます。

どんな準備にも手を抜かないことで
結果はついてきます。

妥協してしまえばそこで終わりです。

勝ちたいなら万全を期して
稼働しましょう。

-機種情報

© 2021 Slopach School