イベント系立ち回りについて

稼働をするうえで欠かせないイベント日

どのホールにもイベント日があります。
例えば、ホールの開店記念や
機種名の語呂と合わせた日など…

そんな時どのような立ち回りをすればいいのか
説明していきたいと思います。

イベント日に稼働するときには
必ず狙い台を決めて行きましょう。

何を狙うかはそのイベントにもよりますが
ホールのSNSで示唆が送られてきます。

全機種の時もあれば
数機種の時もあります。

過去のイベント日の情報も集め
どの機種に高設定がいるかを予測し
開店前から並ぶことをお勧めします。

入場が、抽選の場合や並び順かによって
並ぶ時間も変わってきます。

並び順の場合、早ければ早いほど狙い台を確保できますからね。

抽選の場合は抽選締め切り時間を調べ
それまでに並びましょう。

いい番号が引けるかは
あなたの運次第です。

もし、抽選が悪く狙い台が取れなかったとしても
ありそうな台を探し出し確保しておきましょう。

台を確保して打つ準備はできているかもしれませんが
ここで一つポイントです。

すぐ打ち始めるのではなく
店内を徘徊して情報を集めましょう。

例えば、〇日だから末尾〇番台に設定が入っているのか
何台中何台に設定が入っているのか
または情報がガセではなのかなど
見極める必要があります。

ある程度見極めたら自分の確保した台が
当てはまるか判断しましょう。
当てはまらない場合は捨てましょう。

捨てた後どうするのかというと
ひたすら店内を歩き
設定の入ってそうな台または
高設定示唆が出てる台や確定演出が出てる台を探し
空くチャンスを待ちます。

それ以外にスルー狙いや
リセット狙いなどをすることができます。

それらの場合は、やめ時をきちんと把握し
無駄に打ち続けないことが重要です。

なぜ情報を集めないといけないのかというと
何も確認せず全台だからといっても
ガセ情報の可能性もあるからです。

情報を鵜呑みにするのはとても危険で
負けてしまう確率が高くなります。

自分の予測間違っている場合もあるので
必ず設定判別をしないなら早急に捨てるべきです。

設定のない台に未練や執着心をもつのは
やめましょう。

そのまま打ち続けても時間の無駄になるだけです。
ないと分かればすぐ次の行動に移りましょう。

そのホールに目ぼしい台が見つからない場合はkindle
ホール移動するのも一つの手です。

ホール移動をした際にも
ホール内を徘徊し情報を集めましょう。

移動の場合、後ヅモ狙いやハイエナ稼働が
有効となります。

朝一のリセット狙いや設定狙いができなくても
勝つ方法はたくさんあります。

焦らず冷静に判断しましょう。

そして過信や油断も禁物です。

きちんと判別し確定的なものが得られるまで
疑うことを続けましょう。

以上で説明は終わりますが
いかがでしょうか。

いかなる情報も鵜呑みにせず
自分のめで確かめることがとても重要です。

判別をするにも手抜きをせず
確実なものにしましょう。

-機種情報

© 2021 Slopach School