スロットにおけるPDCAサイクルとは

PDCAサイクルという言葉がありますが
皆さんは理解していますか?

わからないけど人に聞けないという方のために
簡単に説明していきます。

PDCAとは
P:plan(計画)
D:do(実行)
C:check(評価)
A;action(改善)

この4つの単語の頭文字です。

PDCAサイクルは4つのことを
繰り返し行うことを言います。

PDCAとスロットが関係あるのか?
と思う方もいるかもしれませんが
かなり重要なポイントです。

ではどのようにスロットで
PDCAサイクルを活用するのか説明します。

plan:計画

まずはどのように稼働するのか
稼働でどのような結果を残したいか
計画を立てます。

例えば
・イベント日で設定狙いをし○○万円勝つ
・ハイエナ稼働をし期待値を稼ぐ
などがあげられます。
計画を立てたら次の段階に進みましょう。

Do:実行

計画を立てたら次は実行です。
計画を立てたように稼働し
それがどのようなものになったのか記録しましょう。

Check:評価

稼働した記録をもとに
計画通りにできたか思い返し
反省点がないか考えましょう。

Action:改善

評価をもとに反省点が見つかった場合
どうすれば改善できるか
どのように立ち回ればいいかなど
改善方法を見つけます。

これらを日々繰り返すことにより
PDCAサイクルが成り立ちます。

いきなり難易度の高い目標を設定し
資金が追い付かないということにもなるので
自分の資金力に見合った目標を立てましょう。

スロットで稼ぐために
そこまでやんないといけないのかって
思う人もいると思います。

ですが、一般的などの職業でも
PDCAサイクルに伴い働いていますよね?

スロット稼働も同じことです。

何事も計画を立て実行することで
結果が生まれ改善点を見つける努力が必要です。

それらを繰り返すことにより
今現在の自分が存在すると思っています。

何も考えず稼働しているだけでは
何も生まれないし結果も出ません。

それはただの養分稼働です。

自分の打ちたい台があるから
稼働し適当に打ちハマったからやめるなどといった
稼働では期待値どころか
稼ぐことはできません。

もちろん偶然が重なり
勝つときもあるでしょう。

ですがその偶然が何回も続くと思いますか?

偶然を期待して打つくらいなら
きっちりPDCAを行い見極め
勝つ立ち回りをした方が
稼いでいけます。

正直時間の無駄です。

スロットで稼ぎたいのであれば
PDCAサイクルを行いながら
稼働に取り組みましょう。

曖昧なものを打つよりも
確実に稼げる台を打つ方が
いいと思いませんか?

まだPDCAサイクルを行わず稼働していないという方は、
今後の稼働に取り組んでみてください。

今までと違った結果が出てくると思います。

-機種情報

© 2021 Slopach School