キーワードから探す

スロットで勝つには

こんな方におすすめ

  • スロットで勝ちたい方
  • スロットで生計を立てたい方
  • 収支が安定していない方

スロットをしていく上で
1番は勝てる仕組みがあるのかだと思います。

先ずプロがいる以上勝てる仕組みがある
というのは理解してください。

簡単にまとめたので参考にしていただければと思います。

どうやったら勝てるの?

現状スロットで負けている人には
負けている理由は明確だと思います。

ただスロットに興味ある人には
勝つ人と負ける人の違いが分からないと思います。

勝つ人は勝つ立ち回りをする。
負ける人は負ける立ち回りをする。

簡単に言ってしまえばこれだけです。

スロットには設定がある

どういうことかというと

スロットは大きく分けて
4段階と6段階の設定ができるようになっています。

4段階設定はフル攻略で
設定1で機械割100%を超える機種

6段階設定は
設定3で機械割100%を超える機種

このように覚えていただければ
分かりやすいかと思います。

数字が大きくなればなるほど
出玉率が優遇されています。

出玉率が優遇されていることによって
勝率も高くなると覚えておきましょう。

参考記事:設定について詳しくまとめてみた

パチスロは期待値稼働

パチンコもスロットで勝つ人は
期待値を基に稼働しています。

スロットの期待値稼働の場合は

設定狙いとハイエナ稼働の
大きく2つに分けて稼働しています。

どれだけ期待値を積めるかによって
収支が変動するといっても過言ではありません。

期待値とは

スロットにおける期待値とは
試行回数を重ねた平均収支です。

例えば期待値2万円あるからといって
必ずしも2万円勝てるという訳ではありません。

4万円勝つときもあれば
2万円負けるときも必ずあります。

試行回数を重ねれば重ねるほど
期待値に近い数値になってくるということです。

どのような台を打てば
期待値を積めるのかですが

どれだけ高い機械割を打つかによって変わります。

スロットは最低でも機械割100%を
打たなければ負けるようになっています。

参考記事:スロットの期待値について

設定狙いとは

スロットで勝つには
設定狙いが1番オススメです。

先ほど4段階設定・6段階設定と説明しましたが
設定456を狙うという作業です。

設定456を打つことによって
ハイエナよりも収支が安定していきます。

ただ負けることもあるので
ある程度の資金がある方にはオススメです。

低資金の方はAタイプや6号機など
ブレ幅が少ない機種をオススメします。

参考記事:スロットの設定狙いについて

ハイエナ稼働とは

設定1など低設定でも勝てる見込みがある
ポイントを狙った立ち回り法の1つです。

設定判別に自身のない方や
スロット初心者にオススメです。

ただ資金面には十分注意してください。
中には収支が荒れる機種もあります。

個々の資金力に合わせて

打ち出すG数を上げるなど
ボーダーを管理するようにしましょう。

資金ショートをしてしまっては
元も子もないので必ず管理してください。

勝つためにやること

誰でも簡単にツモる方法とか
簡単に5万円稼ぐ方法はありません。

稼働することや機種の知識以外に
勝つために大切なことがあります。

それらを説明していきます。

ホール情報収集

勝つために1番大切なことです。
なんのホール情報を収集すれば良いか…

それは設定配分や並び人数や客層など
稼働する上で必要なこと全てです。

特定日に高設定は使うのか…
最高設定は6なのか5なのか…

角よりも角2なのか…
全台系よりも単品系なのか…

旧基準機よりも新基準機なのか…
AT/ARTよりもAタイプなのか…

などなど数多くの情報を収集してください。
そうすることで高設定を打てる確率が高くなります。

参考記事:ホール情報収集に大切なこと

イベント公約情報収集

定期的に開催されるイベントが
数多く存在しています。

ほとんどのイベントに公約があります。

設置機種○台以上が全台系
全6が○機種以上

他にも対象機種が絞られていて
対象機種さえ取れればチャンスがあります。

初心者の方は全台系のイベントや
対象機種が分かっているイベントなど

周りさえ見ていれば分かるイベントが
オススメだと思います。

参考記事:イベント系立ち回りについて

メーカーやキャラクターの誕生日調査

ホールによっては誕生日に合わせて
全6などやったりするホールがあります。

・誕生日を調べる
・誕生日に合わせて設定を使うホールを見つける

これをするだけで収支が上がるので
この情報収集はオススメです。

参考記事:○○の日だけで平均年収超えた話

現状の専業や軍団のレベル

狙っていたり使いたいホールがあるけど
専業や軍団が多くてツモれないから行けない

という人が多くいるような気がします。

ぶっちゃけたこと言いますが
あまりレベル高くありません。

数十人以上の数多くの専業や軍団を
見てきましたが本当に上手いなと思った人は

1組の軍団の親ぐらいです。

その程度のレベルの人が
多いということが現状です。

全台系のイベントは

それなりの稼働率なら
遅くても開店2時間あれば見つかります。

早くて開店10分で分かる場合もあります。

なのにいつまで回してんだろ…
って思うことが多々あります。

なのであまり気にしないで良いです。
中にはレベルが高い人や軍団もいます。

そういった人達の顔や立ち回りを見て
真似たら良いだけです。

全狙いで上手いと思う人がヤメたら
あなたもヤメたら良いです。

上手いと思う人が打っていたら
打ち続ければ良いと思います。

そうすることによって

あなた自身のホールの特徴や立ち回りが
体感的に見についてくると思います。

参考記事:勝っている人を真似れば勝つ

勝つための考え方

スロット以外でもなんでも勝つためには
勝つ考え方を身に付けなくてはいけません。

色々な考え方が大切ですが
その中でも大切ことを説明していきます。

どの業界も甘くはない

何も知らないホールにいきなり足を運んで
高設定を打てるほど甘くはないです。

何かしらの情報収集をしなくては
いけないということを覚えましょう。

定期的に開拓するよう心がけてください。

収支を上げるために
打つことだけが仕事ではありません。

どんどんと自分に合った
ホールを見つけるようにしましょう。

参考記事:お金稼ぎは甘い世界ではない

知識だけでは勝てない

知識だけで立ち回る人が多いです。

ぶっちゃけ今の時代は
知識が無くても勝てます。

知識は調べればいくらでもカバーできます。

もちろん知識を付けることは大切なことです。
ただ知識でどうにかできる世界ではないです。

知識よりも経験が大切です。
立ち回りスキルを極めることが最優先です。

参考記事:知識なんて二の次

情報弱者は負ける

話を聞いていると自分の情報ではなく
ネット情報しか出てこない人が多いです。

そういった人たちは残念ながら
あまりレベルが高くないです。

それはなぜか…
ネットの情報は誰でも得られるからです。

解析サイトなどに載っている数値は
あくまでも目安の数値です。

数値通りになることは
極めて稀だと思った方が良いです。

数値で追うよりもホールが最優先です。

設定6を使わないホールで打った台が
設定6挙動だとしても設定6ではありません。

最終的判断はホールによります。
信用できるホールなら打ちましょう。

自分の判別スキルや機種情報よりも
ホール情報や信用度が大切になります。

参考記事:視野の広さが大切

捨てる勇気も必要

意外と後々を考えた
立ち回りをする人が少ないです。

どう見ても資金力が無いのに
高設定確定では無い台を永遠投資していたり…

あなたが負けて
今後に響くのはあなただけです。

捨てたくないとかプライドとか
色々な考えがあるかもしれませんが

そんなくだらない考えは捨てましょう。

設定6が確定している状況で
資金力に余裕があるのに捨てることはヤバいです。

が資金力を理由に捨てることは
しょうがないことです。

しょうがないというよりも

そもそも低資金で稼働するなら
安定しやすい機種の設定狙いが良いです。

ちなみに全財産5万円以下しかない状況で
スロット稼働はそもそも間違いです。

最低でも5万円以上の余裕を作りましょう。

参考記事:設定4?そんなのいらない

急がば回れ

自分の力量を超えないようにしましょう。

低資金なのに打ち子を雇ってみたり…
設定4をツッパしてみたり…

荒い機種を安い期待値から
天井狙いしてみたり…

確かに人を使えば収支も上がります。
高設定を打ち切れば期待値も稼げます。

台数を重ねれば重ねるほど
収束も早くなります。

反対にリスクも必ず発生します。

自分の力量に合うように
1段ずつ階段を昇れば良いです。

急いで数段飛ばしをすると
つまずいて転んでしまいます。

参考記事:負け過ぎて資金無くなりました

勝敗の理由は明確ですか?

PDCAサイクルはご存知でしょうか。

これができている人とできていない人では
収支が大きく変わります。

勝ったときも負けたときも
なんで勝ったのかなんで負けたのか

勝ったときでも反省点がなかったか
などなど…

反省することはないか考えましょう。
反省点を見つけたら次に活かしましょう。

そうすることによって
あなた自身のレベルがどんどん上がります。

参考記事:スロットにおけるPDCAサイクルとは

勝つためのアドバイス

現在もピン稼働で最低月平均40万以上
稼ぎ続ける僕からのアドバイスがあります。

趣味打ちとか無駄な動きをしなければ
最低でも月20万は稼げます。

稼げないなら何かが足りない証拠です。

時間なのか知識なのかスキルなのか…
それはあなた自身で分かっていると思います。

収支別難易度

月10万円の場合
毎日稼働率0%とかでなければ

近場のホールだけで可能です。

天井狙いやゾーン狙いなどの
ハイエナ稼働だけで達成できます。

月30万円の場合
毎日半日以上稼働+定期的に設定狙い

このぐらいのレベルから
ホール情報が大事になってきます。

全台リセットなのか
ハマり台だけリセットするのか

などなど…

こういった情報を基に稼働していけば
達成できるレベルだと思います。

月50万円の場合
設定狙いをメインに立ち回りましょう。

狙い台が絞りやすいホールや
示唆が出るホールなど探せば達成できます。

参考記事:スロット稼働はあくまでも通過点

本当に勝ちたいなら…

周りの同業者や友だちよりも
努力して常に勉強してください。

勝つということは
お金を稼ぎたいということです。

お金を稼ぎたいなら
周りと同じことをしても稼げません。

専業もどきや軍団もどきが
いっぱいいるのが現状です。

やれば結果に出ます。
結果が出ないのはやっていないからです。

参考記事:周りと違うことしたら良い

負ける人の意見は無視

スロットに知識がない人や初心者の方は
周りの経験者に話を聞くかと思います。

がその人たちは本当に勝ててるのか
という点に注目してください。

負けている人の意見を聞いても
何の役にも立ちません。

ホールの情報など聞いたとしても
鵜呑みではなく参考程度にしましょう。

最初は見極めるのに難しいですが

ある程度の知識やスキルが身に付くことで
勝っている人か負けている人か判断できます。

参考程度:負けている人の情報を鵜呑みにした結果

見極められれば勝てる

スロットには色々なスキルが必要です。
全てに共通することは見極められるかです。

ホールのクセなどを見極められるか
客層レベルなどを見極められるか
設定狙いで低中高どれなのか見極められるか

などなど…
行動1つ1つに見極めポイントがあります。

少しずつで構わないので
見極める能力を高めてください。

推定や推測などではなく
確信で立ち回るようになってください。

参考記事:見極め能力を高めた結果

まとめ

長々としてすいません。

スロットで勝ちたい人に向け
大事なことを書いていたら長くなってしまいました。

ただ説明してきたことを
頭に入れて稼働するだけでも

良い結果に繋がるかと思います。

無駄打ちを避けることによって
必然的に収支は浮いてきますが

長期的に勝つとなると
能力が求められる場面が多くなります。

まずは無駄打ちを無くし
勉強して能力を高めながら稼働していきましょう。

-機種情報

Copyright© スロパチスクール , 2020 All Rights Reserved.