ホール情報収集に大切なこと

こんな方におすすめ

  • どんなホールで稼働したらいいのかわからない方
  • 情報の集め方がわからない方

今回はホール情報収集について
説明していきます

今の時代ネットで検索すれば
腐るほどの情報が載っています。

ですが中にはうその情報も混ざっています。

実際に自分で出向き
確かめるのも一つの方法ですが
リスクが大きい手すよね。

ではどうするのか。

ホール情報の集め方

p>自分のよくいくホールのsnsや
台のグラフが見れるサイトを活用することです。

初めて行くホールで稼働する場合
台のデータランプやホールのWebサイトから
情報を得ることがでkます。

リセットしてるのか据え置きなのか/span>
何日にどの機種に設定を入れているのか

などの情報を読み取ることができます。

snsなどで実際にホールに出向き稼働している人から
情報をもらうのもいいと思います。

僕の場合はホールのサイトから
情報を仕入れています。

なぜなら自分で見極めたほうが信用できるからです。

過去に友達に
今日このホール設定使っているから行こうと言われ
自分で情報を仕入れることなく
行った時がありました。

結果は、惨敗です。

その日も稼働しつつ自分で判別もしました。
ですが、設定を使っている様子などありませんでした。

もちろん、ハイエナ稼働をしたり
後づも狙いをしたりもしましたが
捲ることはできませんでした。

このようなことがあってから
やはり自分で事前にホール情報を
仕入れることが大事だと思いました。

これはスロットに限った話ではないですよね。
どんなことにおいても
自分で行動し把握することで
初めて納得できることのほうが
多いと思います。

ホールの情報がないまま
稼働しても台の状況も
当然分からないまま打っていることになるので
負けることになります。

そうなると期待値も狙えないし
天井狙いもできません。

確実に勝ちに行くためにも
ホールの情報が欠かせません。

とはいっても
情報を提示していないホールもあります。

そのような場合は通常営業ではなく
イベント日に出向き
台のグラフや履歴を見て情報を入手しましょう。

定期的にリセットされているのか
据え置きが多いのか見極めることができます。

定期的にリセットされているなら
通常営業の日もリセット狙いができます。

もちろん、打つ機種によっては
据え狙いのほうがいい台もあります。

据え狙いの場合天井ゲーム数まで
近い台を探せばかなりの期待値がつめます。

そのようなこともグラフから読み取れるので
自分で確かめてみましょう。

またホールのsnsから送られてくる情報もありますが
ホールによっては100パーセント信用できるとこもありますが
ガセ情報を流しているホールもあります。

信用できるかできないかは
ホール次第となってきます。

過去に示唆通り営業しているかの情報を仕入れ
判断する必要があります。

結論を言うとホールの情報収集に大切なのは
いかにホールが正確な情報をだしているか
判断することです。

信用できるホールを見つけ
そこの情報が正しく反映されているか見極めて
稼働しましょう。

そうすることで稼働範囲を決め
通常営業でも期待値を稼ぎ
収支を安定させることに繋がります。

長々と最後まで読んでいただきありがとうございました。

-機種情報

© 2021 Slopach School